いんすぴ道場

現役グラフィックデザイナー(笑)が刺激を求めて海外サイトを彷徨うよ!

illustratorのトンボとトリムマークについて

title11.jpg

初心に戻って基本操作のエントリーをさせて頂きます。
現職デザイナーさんには退屈な内容かもしれませんがご勘弁下さい。

まず印刷外注の第一歩トリムマークの付け方とトンボの違いです。
ご興味のある方は引き続きご覧くださいませ。
そもそもトリムマークって何?という方がいらっしゃるかもしれません。
印刷する際、ずれてもいい様に遊びを作るための目安に使います。

2013112103.jpg
真ん中が原稿実寸サイズです。
外側の枠までを塗り足し、または裁ち落としと呼びます。

つまり外注に出す際はこんな感じです。
2013112104.jpg

実際作るときは原稿実寸サイズを選択し、フィルタ>クリエイト>トリムマークを選択します。
2013112101.jpg

ちなみにトンボもほぼ同じ物ができますが、
選択できない、加工できないという理由から印刷屋さんから敬遠されてます。
なので印刷屋さんがトンボと言ってもトリムマークをつけて渡してあげてくださいね。

トンボはラスターデータ(jpgなど)で書き出しするとトンボを作った場所のみ書き出されます。
Web用のコンテンツ制作の時は便利かもしれません。

原稿サイズを選択し、オブジェクト>トンボで制作できます。
あまり使う機会はないかもしれませんが覚えておいて損はないですよー。

それではまたー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。